日経メディカルのロゴ画像

【第12回】
セフェムアレルギーの人に別のセフェムは投与できる?

2011/02/14
田巻弘道、岸本暢将、岡田正人(聖路加国際病院アレルギー膠原病科〔成人、小児〕)

研修医 先生、おはようございます。久しぶりに内科に帰ってきました。もともと内科志望なので、内科のローテーションに帰ってくるとホッとしますね。

指導医 本当かい? また忙しくなると思って、憂鬱になっていたんじゃないの?

研修医 そうやっていじめないでくださいよ。先生、もしお時間があったら、この間の話の続きを聞かせてください。

指導医 この間の話?

研修医 忘れないでくださいよ。以前、ペニシリンアレルギーの話をした時に、「側鎖の話って知ってるかい?」っておっしゃったじゃないですか。

指導医 ああ、そうだったね。思い出したよ。セファロスポリンの構造は知ってる?

研修医 βラクタム環が基本構造としてあって、あとはそれぞれ、いろいろ違う形をしていて…。

指導医 セファロスポリンの基本構造はこうなっているんだよ(図1)。知っての通り、真ん中の4員環構造がβラクタム環といわれる部分だね。その隣りに6員環が付いているのがセファロスポリンなんだよ。第3位または第7位の側鎖の違いによって色々な種類のセファロスポリンが作られているわけだ。

著者プロフィール

本連載は、聖路加国際病院アレルギー膠原病科の岸本暢将(きしもと みつまさ)氏、田巻弘道(たまき ひろみち)氏、岡田正人(おかだ まさと)氏らが中心となり執筆します。

連載の紹介

【臨床講座】非専門医のためのリウマチ・アレルギー診療Update
リウマチ膠原病・アレルギー領域は、新しい治療法の開発が盛んで、診断基準も見直されるなど、目まぐるしく変化しています。この領域の診断法、治療法を、最新の話題を交えながら分かりやすくお伝えします。

この記事を読んでいる人におすすめ