日経メディカルのロゴ画像

研修医と専攻医の違いを実感する毎日です

2022/07/07
安藤 博貴(太田西ノ内病院小児科)

著者の安藤博貴氏

 皆さん、お久しぶりです、太田西ノ内病院(福島県郡山市)小児科の安藤博貴と申します(多くの方は覚えていなかったり、初めましてだったりすると思いますが。笑)。第4回大会に引き続き、幸運にも昨年度行われました第5回レジデントチャンピオンシップの決勝戦にも出場させていただきました。ありがたいことにその特典で今回もこのような執筆の機会をいただきました。

 第5回大会では、関東労災病院2年目の吉岡玲央先生と国保旭中央病院1年目の石田暉先生というチームメンバーにも恵まれました。結果は残せませんでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。今度、3人で実際に集まれる機会を楽しみにしています。

 また、昨年度に少し宣伝させていただきました当院で出しているグラム染色アトラスというアプリですが、その改訂に研修医の時に取り組み、本当に多くの方のおかげで先日、ver5がリリースされました。ぜひダウンロードしてみてください(写真1)。

連載の紹介

連載◎レジデントチャンピオンシップへの道
研修医日本一の称号はだれの手に――。研修医として学んできた知識と臨床力をクイズ形式で競い合うイベントが、装いも新たに「レジデントチャンピオンシップ」(通称レジ王)として開催されます。この連載では、研修医日本一への道のりをたどりながら、研修医の皆さんの横のつながりに加え、指導医、さらには群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春先生のような大御所医師との縦のつながりを生むチャンスを提供していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ