日経メディカルのロゴ画像

第2回チャンピオンメンバーの村田賢哉氏と、指導医の大武陽一氏に聞く
「ここで研修をしてよかった」を実感した決勝戦
一度は出場辞退も考えましたが、指導医の後押しで出場を決めました

「ここで研修をしてよかった」を実感した決勝戦の画像

 初期研修医1年目にして第2回レジデントチャンピオンシップ(愛称:レジ王)の優勝メンバーの一人となった村田賢哉先生。堺市立総合医療センターで研修中の村田先生は、指導医の大武陽一先生の勧めで大会への参加を決めたそうです。当初はあまり乗り気ではなかった村田先生ですが、「研修の成果が見えたことが自信になった」と大会を振り返ります。

連載の紹介

連載◎レジデントチャンピオンシップへの道
研修医日本一の称号はだれの手に――。研修医として学んできた知識と臨床力をクイズ形式で競い合うイベントが、装いも新たに「レジデントチャンピオンシップ」(通称レジ王)として開催されます。この連載では、研修医日本一への道のりをたどりながら、研修医の皆さんの横のつながりに加え、指導医、さらには群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春先生のような大御所医師との縦のつながりを生むチャンスを提供していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ