真夏は幽霊の徘徊シーズン。いにしえより、非業の死を遂げたり、現世に執着を残す死者が化けて出るのが幽霊と考えられた。例えば、壇ノ浦(だんのうら)の戦いで祖母の二位の尼(平清盛の妻)に抱かれて海中へ没した幼い安徳天皇も亡霊となって方々へ出現している。

上顎癌に冒されていた四谷怪談のお岩の画像

ログインして全文を読む