『イケてる指導医が研修医に伝えたいこと』という、自分では口が裂けても言えないフレーズで続けさせていただいている連載も、早くも9回目を迎えました。最初の4回は研修をする上での心構えが紹介され、後半戦では少しメッセージ性のある内容になってきています。前回のあっちゃん(水野篤先生)の記事では自分の信じる道をガムシャラに進むのも1つのやり方であるという内容が紹介されました。心構えから具体的な学びに徐々に移行し、今回は広い視野を持つことの重要性についてお伝えいたします。

医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだの画像

ログインして全文を読む