今回は、これまで本邦で脚光を浴びることがなかった診断エラー学について解説し、日々の臨床でどのように活用すれば、様々な課題を乗り越えていけるかについてお話しします。

自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよの画像

ログインして全文を読む