日経メディカルのロゴ画像

研修医のメンタル維持のために贈る言葉
“ヤバイ指導医”に遭遇しちゃったら
人のふり見て我がふり直せ

2018/03/12
和足 孝之(島根大学附属病院卒後臨床研修センター)

 全国の初期研修医の皆様、こんにちわ。個人的に、ついに冬眠が終わり活動的になる春が来ました! 春といえば「出会いと別れ」、きっとこれをお読みの方の中には、初期研修がまさに終わることに寂しく思っている人も、新しくやってくる後輩研修医の指導を不安に思っている人も、新しい医師としての生活に期待を膨らませている新研修医もいることでしょう。

 この連載では同じ志を掲げた4人により、「研修医が磨くべき能力」をメーンテーマに、かわるがわる執筆していきたいと思います。しがない大学教員として、研修医のメンタル維持のために私が贈る第1回目のテーマは「Disruptive physician(問題行動を起こす指導医)に出会ったら」です。

著者プロフィール

研修医として学んできた知識および臨床力をクイズ形式で競い合うレジデンピック(Residenpic)を主宰するなど、日本中の研修医のボトムアップに取り組む和足孝之氏、水野篤氏、坂本壮氏、髙橋宏瑞氏らのドクター軍団が担当します。

連載の紹介

イケてる指導医が研修医に伝えたいこと
日本中の研修医諸君は今、夢と現実のはざまでもがき苦しんでいるのかもしれない。こんなはずじゃなかったと立ちすくむ「あなた」に、後輩医師の指導に積極的に取り組んでいる若き指導医からのメッセージを届けます。

この記事を読んでいる人におすすめ