日経メディカルのロゴ画像

病名に「痛」が付いた疾患で、受診者が最も多いのは?

2011/12/22
病名に「痛」が付いた疾患で、受診者が最も多いのは?の画像

 最近、首と肩の凝りがひどくなり、頭痛に悩まされる経験をしました。少し気になって、インターネットで「頭痛」をキーワードに検索してみたところ、ヒットした件数は3490万件でした。そういえば頭痛以外にも、「痛」という文字を含む病名や症状があるなと、さらに思いつくままに検索した結果、腰痛4200万件、腹痛3060万件、筋肉痛1540万件、月経痛1090万件、肩痛708万件、神経痛548万件、膝痛495万件、関節痛378万件…となりました。病名に「痛」が付いているくらいだから、それだけ多くの人が経験している疾患といえるのでしょう。では実際にレセプトでの出現頻度も高いのでしょうか?

著者プロフィール

木村真也(株式会社日本医療データセンター社長)●きむらしんや氏。1981年京都産業大学卒。大手外資系製薬会社マーケティング部長、CROバイスプレジデントなどを経て、2002年に日本医療データセンターを設立。

連載の紹介

レセプトを読み解く
日本医療データセンター(JMDC)では、複数の大手健康保険組合からのレセプトや健診データを基に、様々な分析を行ってます。1000万件を超える膨大なデータから、同社社長の木村氏が、医療の「今」を探ります。

この記事を読んでいる人におすすめ