前回、吸入パターンが違うと、同じドライパウダー型製剤のデバイスであっても、タービュヘイラー、ディスカス、ブリーズヘラーで薬剤放出効果に差が出ることを示しました。

デバイスごとに異なる薬剤放出パターン(2)の画像

ログインして全文を読む