ドライパウダー型製剤では、効果的な薬剤放出のため、患者さんに吸気努力を求めますが、メーカー作成の吸入指導箋では、デバイスごとに「強く深く」、「はやく深く」など、その表現が異なっています。

デバイスごとに異なる薬剤放出パターンの画像

ログインして全文を読む