2017年3月12日の道路交通法改正による運転免許制度の変更で、75歳以上の高齢者が(1)運転免許更新や(2)一定の違反行為をした時に認知機能検査が義務づけられています。75歳以上の高齢者による死亡事故がこの10年間で約2倍に急増していますが、これには加齢に伴う体力、視力、判断力、記憶力や、認知機能の低下がその背景にあります。

認知症で過激な吸入になってしまったCOPD患者の画像

ログインして全文を読む