いきなりですが、2つのケースを紹介します。

ケース1:20歳代女性が嘔吐と発熱で救急受診しました。感染性胃腸炎と診断されて帰宅しましたが、その後ショックとなり再搬送。最終的な診断は、糖尿病性ケトアシドーシスと敗血症性ショックでした。糖尿病性ケトアシドーシスの悪心嘔吐が初診時に感染性胃腸炎と診断されているのは、ありがちなケースです。

感染性胃腸炎との診断は極力つけるなの画像

ログインして全文を読む