成人の尿路感染症は発生率や症状などに性差、年齢差がある感染症であり、性別と年齢を意識して診療する必要があります。若年男性では尿路感染症の発症自体が珍しいですが、女性では誰でも生じ得るコモンディジーズの1つです。女性は尿道が短く肛門と尿道の距離が短いため、泌尿器解剖学的な異常がなくても尿路感染症を起こしやすいからです。

腎盂腎炎の診断でCVA叩打痛が当てにならないこれだけの理由の画像

ログインして全文を読む