前回は、流行期のインフルエンザは、迅速検査による診断ではなく臨床診断を行うことが重要だと説明しました。今回は引き続き、昨年末に公表された米国感染症学会のガイドラインを引きながら、インフルエンザ治療について考えてみたいと思います。

ゾフルーザは本当に夢の薬? の画像

ログインして全文を読む