日経メディカルのロゴ画像

【連載第7回 マナー編(7)】
患者の前で自問自答するな

2007/02/01

 外来診察室の医師の机にはシャウカステンが置かれてある。もっとも、昨今は電子カルテが普及し、パソコンに組み入れられた画像を開くことが多くなって、シャウカステンにフィルムをかけて説明する医師は減少しつつあるようだ。大病院では専らそうした傾向になっているが、私が責を担う無床の診療所ではまだまだシャウカステンが幅を利かせている。

著者プロフィール

大鐘 稔彦(南あわじ市国民健康保険阿那賀診療所院長)●おおがね としひこ氏。1968年京大卒。民間病院の院長、外科部長などを経て、99年より南あわじ市国民健康保険阿那賀診療所(兵庫県南あわじ市)院長。

連載の紹介

研修医必見!臨床のスキルとマナー
患者に選ばれる医師になるには?医療訴訟に巻き込まれることなく的確な医療を実践するには? ベテラン医が、自身が体験したエピソードをベースに、診療のコツや臨床医としてのマナーを説きます。

この記事を読んでいる人におすすめ