昨今人気の高い“奇想の系譜”の画家たちの絵には、度肝を抜かれたという人も多いだろう。一方、円山応挙の絵は、「ふーん、きれいな絵だな」「日本画らしいな」で終わらせてしまっていないだろうか。だが、そんな感想で江戸時代のイノベーター応挙を素通りしてしまうのはもったいない。江戸時代の評判は若冲、蕭白をしのぐ。農家の生まれながら、天明の大火後は一門を率いて御所造営の制作まで手掛けるほどに上り詰めた。

円山応挙は京都日本画界の”ユニクロの社長”?の画像

ログインして全文を読む