明治から大正期にかけて、5000件を超える日本美術を集めた収集家がいた。日本の近代化を背景にコレクションを増やす一方、それを秘蔵せず若手画家に示した原三溪だ。近代日本画の発展を陰で支えた三溪の旧蔵品が、過去最大規模で横浜に集結する。

真のパトロンの華麗なコレクションの画像

ログインして全文を読む