パリ・ルーヴル美術館で、ドラム缶ほどの太さに巻かれたその絵を目にしたとき、大きさに圧倒されると同時に、「『よくぞ、見つかってくれた』と、思わずつぶやきました」とは、作品を確認した国立西洋美術館の主任研究員・陳岡めぐみさんだ。

モネ、幻の”睡蓮”60年ぶりのお目見えの画像

ログインして全文を読む