葛飾北斎といえば、70代で描いた代表作『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』から「波」をイメージする人が多いだろう。しかし、それは北斎作品のほんの一端にすぎない。90歳で亡くなるまで、常に新たな表現に挑み続けた。

立体的な肉体描写が迫る北斎の超大作に注目!の画像

ログインして全文を読む