現実には”あり得ない”世界を、超絶”リアル”に描いたオランダの版画家、エッシャー。細部に破綻はないがどこかヘン。だまし絵の奇才が生み出したワンダーランドの真価と醍醐味を、『ふしぎなえ』で知られる画家の安野光雅さんに聞いた。

科学と遊び心で「考える」を触発するエッシャーの画像

ログインして全文を読む