日本人ならば誰でも一度は、その風景画を見たことがあるといわれる国民的画家、東山魁夷。その記念碑的な大作が、既に60代前半だった1971年に依頼を引き受け、完成までに10年を要した『唐招堤寺御影堂(みえいどう)障壁画』だ。

東山魁夷が鑑真に見せたかった日本の風景の画像

ログインして全文を読む