日経メディカルのロゴ画像

第11回 高齢者の抗凝固薬で気になる「転倒・服薬アドヒアランス」
抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する?

2019/10/15
小田倉 弘典(土橋内科医院院長)

【今回のPOINT】

・高齢者の出血リスクとして転倒は上位に挙げられるが、だからといって処方を差し控える根拠にまではならない

・抗凝固薬の服薬アドヒアランスには、「必要性」「不安」「薬剤因子」「認知症」が関与する

・服薬アドヒアランス向上のためには、人間の「速い思考」と「遅い思考」の両方に働きかけることで、必要性の理解と不安の解消に努める

・認知症の人には多職種で関わり合い、患者さん、ご家族、医療介護スタッフ全員で「抗凝固薬は脳梗塞を予防する薬であると同時に、出血しやすい薬でもある」というキーコンセプトを共有する

著者プロフィール

小田倉弘典(土橋内科医院〔仙台市〕院長)●おだくら ひろのり氏。1987年東北大卒。仙台市立病院循環器科、国立循環器病研究センター、仙台市立病院循環器科医長を経て2004年より現職。ブログ「心房細動な日々」。 ※2013年4月以降、コラムの内容に関連して開示すべき経済的な利益相反関係にある製薬企業はありません。

連載の紹介

プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
患者背景によって治療方針が大きく変わる心房細動。循環器疾患を専門としないプライマリ・ケア医向けに、実際の症例や最新のエビデンスを交えながら、心房細動の診断・治療を“分かりやすさ最優先”で解説する人気コラムが、4年ぶりに帰ってきました。

この記事を読んでいる人におすすめ