グルカゴン様ペプチド(GLP)-1受容体作動薬は、血糖降下作用だけでなく、心血管イベント抑制や体重減少作用が期待されている注射薬である。1週間に1回の注射で済むウイークリータイプや、注射針が装着され1回使い切りのオートインジェクター注入器となっている製剤がある点でも注目されている。近日中にも、国内で新製剤が登場する見込みだ。

GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすかの画像

ログインして全文を読む