日経メディカルのロゴ画像

デジタルヘルス事例
歩行訓練ロボ「Tree」はここがすごい!
専用インソールで歩行能力を測定、訓練の効果を定量的に表示

2015/08/23
神近 博三=日経デジタルヘルス

歩行リハビリ支援ツール「Tree」を用いた歩行訓練の様子
画面に表示されるシンボルを目標に右足、左足を交互に移動させていく。訓練の難易度によって移動スピードが変化する
(※クリックで拡大します)

 「これまでは『右足にもう少し体重をかけて』というような曖昧(あいまい)な表現しかできなかった。それが、この機器を使えば画面の数字を見せながら具体的に指示できるようになる」(社会福祉法人シルヴァーウィング理学療法士の門馬一悦氏)――。

 社会福祉法人シルヴァーウィングが運営する「特別養護老人ホーム新とみ」は2015年8月4日、リーフの歩行リハビリ支援ツール「Tree」を導入した。Treeは、歩行能力に問題を抱える患者・要介護者の歩行訓練を支援するロボットである。

 利用者の目線の先にある液晶画面に、利用者の両足の画像と右足・左足の移動先となる目標位置のシンボルを表示。患者がTreeのハンドルを握りながら画面の目標位置に向けて右足、左足を交互に動かすと、Tree本体も利用者の速度に合わせて、音声ガイダンスを出しながら移動していく。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ