日経メディカルのロゴ画像

体重をひざで受け止め、手術中の腰の負担を軽減
外科医の腰痛を防ぐ「サージカルニーレスト」

2015/07/19
神近 博三=日経デジタルヘルス

 「3時間も4時間もかかるような手術を毎日やっていると、肩が痛い、腰が痛いということになる。そこで、外科医の身体的な負担を軽減できるようなデバイスを開発している」――。千葉大学フロンティア医工学センター准教授の川平 洋氏は2015年7月10日、医師、医療機器メーカー、ものづくり企業の交流イベント「C-square EXPO 2015」(会場:東葛テクノプラザ、主催:千葉県、国立がん研究センター東病院ほか)において、内視鏡外科医の身体的ストレス対策のために開発に取り組んでいる複数の機器を発表した。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ