日経メディカルのロゴ画像

東ソー、光磁気ディスク製造技術を応用
組織を採らない「リキッドバイオプシー」
血液中を循環するがん細胞を検出・採取する技術が登場

2015/06/21
大下 淳一=日経デジタルヘルス
組織を採らない「リキッドバイオプシー」の画像

 血液中を循環するごく微量のがん細胞(CTC:circulating tumor cells)を1つずつ検出でき、採取して遺伝子も解析できる――。侵襲度の高い生体検査なしに血液でがんを診断するリキッドバイオプシー(liquid biopsy)の手段となる、そうした技術を東ソーが開発した。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ