日経メディカルのロゴ画像

造影画像の表示、臓器の硬さ分布のカラー表示が可能
高精細画像が得られる超音波内視鏡用観測装置
上部消化管用超音波スコープ2機種も同時発売

2015/05/28
近藤 寿成=スプール

超音波内視鏡用観測装置「SU-1」
(※クリックで拡大します)

 富士フイルムは、新開発の画像処理マイクロプロセッサー(MPU)を搭載した超音波内視鏡用観測装置「SU-1」と、上部消化管用超音波スコープ「EG-580UR」「EG-580UT」で構成する超音波内視鏡用観測システムを発表した(リリース)。2015年6月25日に発売する。

 SU-1は、新開発のプロセッサーでデータを高速に処理するほか、独自の画像処理技術で従来機種「SU-8000」に比べて雑音の少ない高精細・高画質な画像が得られる。超音波造影剤を使って目的部位の造影画像を表示するCHI(contrast harmonic imaging)や、臓器の硬さ分布をカラー表示するエラストグラフィ(elastography)、超音波の最適な伝播速度を画像情報から推定して鮮明な画像に再構築する機能などを実装した。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ