日経メディカルのロゴ画像

在床や離床、端座位などの把握が可能
睡眠を定量化・可視化する「ねむりモニター」
睡眠中の体動を測定し睡眠状態を解析

2015/05/27
大下 淳一=日経デジタルヘルス

入居者の状態を確認したり、生活リズムを可視化したりできる
(※クリックで拡大します)

 アイシン精機は、ベッドの脚に取り付けたセンサーで睡眠の質を定量化したり、起床や離床などの行動を可視化したりできる「ねむりモニター」を、高齢者施設向けに提供する。2014年から個人宅向けに販売してきたもので、サービス付き高齢者向け住宅などでの見守りに用途を広げる。「第18回 国際福祉健康産業展 ウェルフェア2015」(2015年5月21~23日、名古屋市国際展示場)に出展した。

 ねむりモニターは、車載用着座センサーを基に開発したもの。ベッドの2本または4本の脚の下にセンサーを取り付け、睡眠中の体動を測定。センサーに接続した解析ボックスで睡眠状態を解析し、無線LANを経由してタブレット端末などで結果を確認できる。

 寝入る力(入眠力)や眠りを持続する力(持眠力)、朝起きられる力(起床力)など、細かな指標で眠りを点数化できるのが特徴だ。その上で睡眠の質を高めるアドバイスが得られる。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ