日経メディカルのロゴ画像

四切サイズのバッテリー交換タイプで最も軽い1.6kg
世界最軽量のDR方式X線画像診断装置
小児・新生児、四肢・頭部など範囲を限定した撮影を想定

2015/04/17
近藤 寿成=スプール
世界最軽量のDR方式X線画像診断装置の画像

富士フイルムは2015年4月15日、DR(Digital Radiography)方式のカセッテサイズデジタルX線画像診断装置「CALNEO Smart(カルネオ スマート)」シリーズの新モデルとして、四切サイズのバッテリー交換タイプでは世界最軽量の「FUJIFILM DR CALNEO Smart C12」を発表した。5月1日に富士フイルムメディカルを通じて発売する。価格は標準構成で2290万円(税別)。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ