日経メディカルのロゴ画像

介護・福祉施設向けに大和ハウス工業がレンタル販売
自立・介護支援「ロボットスーツHAL」発売
5月1日からサイバーダイン社製3商品の販売を開始

2015/04/14
近藤 寿成=スプール

ロボットスーツHAL自立支援用(下肢タイプ)の装着イメージ(※クリックで拡大します)

 大和ハウス工業は、サイバーダインが開発・製造する「ロボットスーツHAL」の3商品を2015年5月1日から販売する。対象となるのは全国の介護・福祉施設などで、レンタル販売のみとなる。個人向けには販売しない。

 ロボットスーツHALは、身体を動かすときに発生する生体電位を装着者の皮膚表面から読み取り、歩行や関節の動作をアシストする装着型ロボット。今回は「ロボットスーツHAL自立支援用(下肢タイプ)」「ロボットスーツHAL自立支援用(単関節タイプ)」「ロボットスーツHAL介護支援用(腰タイプ)」を用意する。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ