日経メディカルのロゴ画像

平均寿命と健康寿命には約10年の開き
健康寿命が日本一の都道府県はどこ?
寿命がトップの都道府県は長野県

2015/03/25
大下 淳一=日経デジタルヘルス

静岡県の宮城島好史氏による講演の様子
(※クリックで拡大します)

 世界一の長寿国、日本。だが、健康に生活できる期間(健康寿命)と平均寿命には約10年の開きがある。各所のプロジェクトで健康寿命の延伸が叫ばれるのはそのためだ。厚生労働省の調査結果によれば、“寿命日本一”の都道府県は長野県。では“健康寿命日本一”はどこか――。

 2015年3月12日に東京都内で開催されたシンポジウム「自分で守る健康社会」(主催:東京大学 COI拠点)のパネルディスカッションには、静岡県 健康福祉部 部長の宮城島好史氏が登壇。「健康寿命日本一に向けた“ふじのくに”の挑戦」と題し、県民の健康増進に向けた取り組みを語った。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ