日経メディカルのロゴ画像

人工呼吸器用マスクの日本人向け新クッション
日本人の顔面形状を分析し、継続的な密閉性と跡残りの軽減を両立

2015/02/11
近藤 寿成=スプール

日本人向け新クッション「Mワイドクッション」
(※クリックで拡大します)

 フィリップス・レスピロニクスは、人工呼吸器用マスク「ウィスプ ネーザルマスク」で使用するクッションの新サイズとして、「Mワイドクッション」を2015年2月9日に発売した。日本人の顔面形状データを分析して開発したものである。

 ウィスプ ネーザルマスクは、睡眠呼吸障害や呼吸不全の治療で利用されるCPAP装置やバイレベル装置で使われるマスク。治療をする上でマスクのクッション部分の密閉性や快適性が重要となる。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ