日経メディカルのロゴ画像

3Dプリンターで超軟質心臓シミュレーター
現在までに約30症例に使用、価格は5万円

2015/02/09
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 2014年4月に開催された、医療機器の設計・製造に関する展示会「MEDTEC Japan 2014」。国内企業による革新的な製品を表彰する「MEDTECイノベーション大賞」の大賞を射止めたのは、クロスエフェクト(京都府)の「超軟質心臓シミュレーター」だった(関連記事)。X線CT画像を基に患者の心臓をリアルに再現した立体模型で、3Dプリンター(光造形)と「真空注型」で心臓の内部構造までを精密に再現。その完成度の高さに、医療関係者も驚きの声を上げた。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ