日経メディカルのロゴ画像

3Dプリンターで本物の臓器は作れるのか?
骨、軟骨、半月板、心臓弁、人工血管、バイオステントなど

2014/12/12
大下淳一=日経デジタルヘルス

 好きなデザインの3次元構造体を手軽で安価に作れる3Dプリンターが、医療現場に本格的に浸透し始めた。医療機器の構成部品から、ステントなどの治療器具、外科手術のシミュレーションや教育に使う臓器モデル、体内に埋め込んで使う医療機器まで、その用途は幅広い。

 再生医療に使えるような、生体由来の細胞や組織をベースとする人工臓器を3Dプリンターで作製する。そんな試みも始まった。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2014年11月、バイオ3Dプリンティングや細胞シートの積層技術などの立体造形技術を用いて、iPS細胞などから立体組織・臓器を製造する技術開発プロジェクトを開始すると発表した(関連記事1)。近い将来、3Dプリンターで“手軽に臓器を再生できる時代”は訪れるのか――。

 2014年11月20~22日に福島県郡山市で開催された「第76回 日本臨床外科学会総会」(会場:郡山市民文化センター、ビッグパレットふくしま、ホテルハマツ)では、「3Dプリンターが変える未来の医療」と題するシンポジウムが開かれた。3Dプリンターを活用した組織・臓器の再生をテーマに、4人の登壇者が最新の研究成果を紹介した。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ