日経メディカルのロゴ画像

服薬状況を自動記録する医薬品パッケージ
スウェーデンMevia社が開発、9月から実証実験

2014/10/12
高 恭子=Global Partners Sweden 共同経営者

 慢性疾患や退院後の自宅療養患者は、決まった時間に医薬品を服用しないと症状の悪化が顕著に現れる。特に臓器移植患者は、医薬品の服用を継続しないと拒絶反応を起こしてしまう。

 患者が、自宅で医薬品を服用し忘れたり、過量服用をしたりしてしまうと、患者の状態が悪化するだけでなく、多大な経済的打撃を与えることにもなる。再入院を余儀なくされたり、症状が悪化して治癒が困難な状態となったりして、高額な治療費が必要となるからだ。スウェーデンだけでも、その経済損失は230億クローネ(1クローネは約15円)にも及ぶとの試算もある。

連載の紹介

日経デジタルヘルス Selection
医療・健康・介護の技術革新によって生まれる新産業「デジタルヘルス」。その技術動向やビジネス環境の変化について最新情報を発信し、既存の業界の枠を超えた相互連携の場を提供するのが、姉妹サイト「日経デジタルヘルス」です。本コラムでは、日経デジタルヘルスのオリジナル記事の中から、医療関係者に関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ