日経メディカルのロゴ画像

医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編

世界の核実験の4分の1が行われた土地の「今」

2018/10/27
文=Alexandra Genova/写真=Phil Hatcher-Moore/訳=北村京子

 カザフスタンの片隅に広がる、荒涼とした風景。核爆発でできた人工の湖が、かつては平坦だった土地にあばたのように散らばり、空っぽになった建造物がところどころに見える。人が住めるようには見えないが、この土地には今も、30年近く前に終了した核実験の亡霊がとりつき、人々を苦しめている。(参考記事:原発事故の現場を訪ねる チェルノブイリ

カザフスタン東部の町アヤゴズにある子ども特別社会福祉センターのベッドに横たわるルスタム・ジャナバエフ君(6歳)。生まれつき水頭症を患っている。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

連載の紹介

医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編
世界180カ国で愛読され続けているビジュアル誌『NATIONAL GEOGRAPHIC』。100年以上の歴史を持ち、自然、動物、歴史、地球環境、科学、宇宙などの調査・探検プロジェクトを支援してきました。そんなナショジオの日本版ウェブサイト(naionalgeographic.jp)から、「地球の今」を切り取った写真を撮影秘話とともにご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ