このコラムを更新するのは約1年半ぶりとなる。その理由は、つい先日まで、新しい本『続・患者トラブルを解決する「技術」』の執筆に取りかかっていたからだ。患者トラブルは件数の増加もさることながら、年々、その中身が高度化、複雑化している。認知症や精神疾患にかかっている可能性のある患者への対処法に、頭を悩ませている医療機関は数多い。新しい本は、こうしたやや高度な患者トラブルの対応法をまとめたので、ぜひ活用していただきたい。

「常識」が通用しない患者の親にどう対処するかの画像

ログインして全文を読む