日経メディカルのロゴ画像

今年の試験会場はどこ?失敗しないホテル選び

2019/07/12
長門 直(中国中央病院 内科部長)

 中国中央病院の長門です。今回は、試験会場や試験前、試験当日の過ごし方の注意点などをまとめ、呼吸器・感染症に関するガイドライン改訂やアップデートについてお話ししていきます。

 まず試験会場に行くまでの交通手段の注意点から。

 地方から上京する方は飛行機もしくは新幹線になると思いますが、受験日である9月8日前後は、台風による交通の乱れなども考えられます。そのような事態に備えて、変更可能なチケットにしておく方がよいと思います。また、金曜・土曜は単身赴任者の帰省もあり、混むことも予想されますので、早目に変更可能なチケットを購入しておくことをお勧めします。

 次に宿泊に関しては、事故による列車の遅延の可能性を考慮し、できるだけ会場から近くアクセスのよいホテルを予約することをお勧めします。昨年、試験会場に近いところを数カ所押さえておく方がよいでしょう、と書いたところ、複数の先生方から具体的にどこを押さえておければいいのですかという問い合わせがありました。そこで、過去2年間の試験会場を振り返って検討してみます。

今年の受験者は5500人規模? 会場は五反田に加え、有明、市ヶ谷か
 2017年の出願者は8183人で、会場は、(1)五反田TOCビル(2)TOC五反田メッセ(3)TOC有明(4)TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(5)TKPガーデン竹橋(6)TKP赤坂駅カンファレンスセンター(7)AP東京八重洲通り(8)TKPガーデンシティ渋谷の8カ所。

 2018年の出願者は5768人で、会場は、(1)五反田TOCビル(2)TOC五反田メッセ(3)TOC有明(4)TKP市ヶ谷カンファレンスセンターの4カ所でした。

 2019年に新たに措置的試験の受験資格を得た先生は、2013年に認定内科医試験合格された2818人であり、2018年欠席者数832人、2018年不合格者数1377人、海外の内科専門医資格保持者は2018年211人であったことから推測すると、今年の出願者は4000~6000人ほどと予想されます。日本内科学会雑誌2019年第6号の議事録に今年の予算書が載っているのですが、これを参考にすると内科学会は今年の出願者はおおよそ5500人程度と見積もっているようです。ただし、措置的試験は残り2年となっており駆け込み受験が一定数出ると考えられ、これ以上の数となる可能性もあります。

 この数字とこれまでの会場の傾向から、今年は、2018年と同じ、(1)五反田TOCビル(2)TOC五反田メッセ(3)TOC有明(4)TKP市ヶ谷カンファレンスセンターの4カ所が試験会場となる可能性が高そうです。多くても、TKPガーデン竹橋が加わるかどうかでしょうか。

 よって、受験人数が多い五反田へのアクセスがよいホテルをまず予約し、有明および市ヶ谷へのアクセスのよいホテルを押さえておくという形がよいと考えます。有明に関しては、交通のことを考えると、歩いて行ける会場近くのホテルがよいかもしれません。

 昨年も書きましたが、試験前日の五反田駅周辺は、問題集を持った受験者がカフェやファミレスをたむろしており、緊張しやすい先生は非常にプレッシャーがかかると思います。私が受験した時は五反田だったのですが、品川から会場の下見に行った際に五反田駅近くのカフェに入ったところ、携帯をいじる派手なお姉さんの横で問題集を解いている眼鏡の中高年男性が目立ち、異様な雰囲気を醸し出していました(笑)。緊張しやすい先生は五反田から少し離れた駅近のホテルがいいかもしれません。

試験1週間前から友人との“試験話”はご法度
 次に、筆者の経験に基づく試験前後の過ごし方の注意点ですが、試験1週間前くらいからは、受験する同僚や友人と試験に関して話さないことをお勧めします。話して知らないことが出てくると、焦りが出てきます。そして、焦りから新たな教材に手をつけてしまうことで、かえってそれまでの知識が曖昧になったり、平常心が保てないまま試験に臨んだりと試験で失敗してしまうリスクが高くなります。

 総合内科専門医試験は、定員が決まっている試験とは違い、基本的に得点率60%以上の基準をクリアすれば合格します。自分の知識を固めて、試験の時にそれをしっかりアウトプットできる準備と精神状態が非常に大切です。

 また、移動でかなり疲労が溜まること、試験時間が120分×3と結構長いことを踏まえると、試験前1週間は当直から外していただけるように勤務先にお願いしておくことが大切です。また、前日の睡眠時間はしっかり確保しておくようにしましょう。

 試験前日の夕食ですが、糖質や脂質の摂りすぎは、寝つきの悪さにつながります。飲酒も含め、前日の夜の過ごし方にも気を付けましょう。試験当日は、昼食時間が11~12時と早い時間帯なので、2~3限の休憩時間(14時~14時40分)に糖質摂取できるように、おにぎり・サンドイッチ・お菓子等、簡単に食べられる糖質の多いものを用意しておくとよいと思います。

 試験中は必ず携帯の電源を切ることは忘れないようにしましょう。休憩時間に勤務先などに連絡して、そのまま電源が入ったままになっているということがないように気を付けましょう。

 試験中の不正行為はもちろん、不正行為を疑われるような行為も禁止されています。時折、不正行為を疑われて、途中退席処分になっている方もいるようなので、そうしたことがないように試験中は問題を解くことに集中しましょう。

著者プロフィール

長門 直(中国中央病院 内科部長)●ながと ただし。1995年九州大学卒業。総合内科/内科救急と感染症診療を中心に各地基幹病院で臨床研鑽を積み、聖マリア病院 総合診療科診療部長を経て、2018年4月 より現職。 過去の専門医試験問題を綿密に分析。受験者向けの講義、番組などで使用する予想問題は高い的中率を誇る。

連載の紹介

総合内科専門医試験 「一発合格」への道
第一線の臨床医でありながら、総合内科専門医試験、認定内科医試験の対策を独自に研究してきた長門氏。臨床医学チャンネルCareNeTVの「総合内科専門医試験 MUST」は、的確な予想問題で大好評を博した。自身の合格体験も踏まえ、万全の試験対策を伝授する。
「一発合格」のための実践オンライン講座
『長門流 総合内科専門医試験MUST!2018』好評配信中

この連載の著者である長門直先生による、総合内科専門医試験対策講座がCareNeTVでオンデマンド配信されています。内科全領域で過去に出題された内容、今年出題されそうなトピックをクイックに解説。昨年度試験以降の新薬承認、ガイドライン改訂などにも対応しており、up to date問題対策にとくに有用です。ぜひ「一発合格」にご活用ください。

CareNeTVは月額5000円(税別)で、臨床スキルアップに役立つ1600以上の番組がいつでも見られるオンデマンド臨床医学チャンネルです。「MUST!2018」以外の試験対策番組、臨床講座等もすべてご覧いただけます。

この記事を読んでいる人におすすめ