前回に引き続き、診療分野別に過去の得点率を分析していきたいと思います。まず、過去5年間の診療分野別の得点率の推移を再掲します得点率が当該年の全体平均を下回っている分野を青字にしています。なお、実際の得点表は、アレルギーと膠原病、内分泌と代謝、消化管と肝・胆・膵が一くくりとなり、10分野となります。 前回は、膠原病まで解説しましたので、今回は腎臓から解説していきます。

検証で判明!血液、神経、総合内科が難しいワケの画像

ログインして全文を読む