日経メディカルのロゴ画像

いざ本番!失敗しない「試験直前の過ごし方」

2018/08/16
長門 直(中国中央病院 内科部長)
いざ本番!失敗しない「試験直前の過ごし方」の画像

 総合内科専門医試験を受験する先生方は、来月に迫った試験の追い込みにかかっていることと思います。今回は、試験直前から終了後の過ごし方を自分の経験を基に書いていきます。

■試験1週間前~2日前
 この時期は、病院のデューティーをできるだけ免除してもらうことが非常に大切です。外来は仕方がないですが、入院業務や当直業務をこの時期だけでも軽くできないか、上司や病院側とできるだけ早い時期から交渉しておきましょう。病院側も理解しており、調整の相談に乗っていただけることも多いと聞いています。

 就寝時間と睡眠時間といった生活リズムの調整も重要です。医師をしていると、遅くまで仕事をしなくてはならない状況や当直業務で眠れないまま翌日の勤務に就くといったことで生活リズムが狂いがちになります。試験時間は日中なので、日中に脳が働くようにコンデションを持っていく必要があります。

 できれば、日付が変わらないうちに就眠し、試験前1週間は、最低5~6時間の睡眠を心がけましょう。ちなみに、筆者はこの期間に当直を入れてしまったため、試験前のコンデション調整に失敗してしまいました。試験前日は、緊張もあったと思いますが、

著者プロフィール

長門 直(中国中央病院 内科部長)●ながと ただし。1995年九州大学卒業。総合内科/内科救急と感染症診療を中心に各地基幹病院で臨床研鑽を積み、聖マリア病院 総合診療科診療部長を経て、2018年4月 より現職。 過去の専門医試験問題を綿密に分析。受験者向けの講義、番組などで使用する予想問題は高い的中率を誇る。

連載の紹介

総合内科専門医試験 「一発合格」への道
第一線の臨床医でありながら、総合内科専門医試験、認定内科医試験の対策を独自に研究してきた長門氏。臨床医学チャンネルCareNeTVの「総合内科専門医試験 MUST」は、的確な予想問題で大好評を博した。自身の合格体験も踏まえ、万全の試験対策を伝授する。
「一発合格」のための実践オンライン講座
『長門流 総合内科専門医試験MUST!2018』好評配信中

この連載の著者である長門直先生による、総合内科専門医試験対策講座がCareNeTVでオンデマンド配信されています。内科全領域で過去に出題された内容、今年出題されそうなトピックをクイックに解説。昨年度試験以降の新薬承認、ガイドライン改訂などにも対応しており、up to date問題対策にとくに有用です。ぜひ「一発合格」にご活用ください。

CareNeTVは月額5000円(税別)で、臨床スキルアップに役立つ1600以上の番組がいつでも見られるオンデマンド臨床医学チャンネルです。「MUST!2018」以外の試験対策番組、臨床講座等もすべてご覧いただけます。

この記事を読んでいる人におすすめ