私は家庭医療専門医・指導医を取得後の医師7年目に、2018年8月から2019年2月まで国境なき医師団(MSF)の内科医として、南スーダン南西部の西エクアトリア州・ムンドゥリのプロジェクトに参加しました。プロジェクトの主目的は、内戦により医療資源が不足しているムンドゥリ周辺の反政府側地域に巡回診療を行うことです。プロジェクトの中で私の役割は、中心部にある医療施設PHCC(Primary Health Care Center)内に救急治療室を立ち上げることでした。

家庭医が南スーダンでできることの画像

ログインして全文を読む