日経メディカルのロゴ画像

第34回 「イスラム国」から奪還直前のモスル
紛争下で増える銃創や熱傷、重度栄養失調の患者に対応
岡田 まゆみ(救急専門医)

2017/10/11
国境なき医師団
紛争下で増える銃創や熱傷、重度栄養失調の患者に対応の画像

 イラク北部で戦闘が激化しているモスルから南方に約70km、カイヤラの町の病院にて、国境なき医師団(MSF)の救急専門医として紛争の被害者および周辺のキャンプなどで暮らす医療弱者をサポートする仕事に携わりました。

連載の紹介

国境なき医師団が見た世界の医療現場
世界には貧困や紛争、自然災害により、人びとが満足に医療を受けられない地域が依然として存在します。そうした紛争地や被災地で医療・人道援助活動を続ける「国境なき医師団」に参加し、医療活動に従事した医師らが、各国の医療事情や現地での活動内容を伝えていきます。※「国境なき医師団」の活動参加に関する情報はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ