日経メディカルのロゴ画像

第23回 テロ頻発のアフガニスタンで帝王切開術などに従事
お産が1日60件! 分娩室はカオス状態
佐藤 聖子(麻酔科医)

2016/03/07
国境なき医師団
お産が1日60件! 分娩室はカオス状態の画像

2年越しで晴れて国境なき医師団(MSF)に登録となった私の初回派遣地は、アフガニスタンの首都カブールでした。1979年のソ連の侵攻とその後の内戦、タリバンの支配、米国同時多発テロ以降の多国籍軍による空爆と、長らく混乱と紛争の中に置かれていたアフガニスタンは、現在も反武装勢力と政府軍・多国籍軍による戦闘が続いています。米軍の撤退に伴って治安はますます悪化し、カブールでもテロが頻発するようになっています。

連載の紹介

国境なき医師団が見た世界の医療現場
世界には貧困や紛争、自然災害により、人びとが満足に医療を受けられない地域が依然として存在します。そうした紛争地や被災地で医療・人道援助活動を続ける「国境なき医師団」に参加し、医療活動に従事した医師らが、各国の医療事情や現地での活動内容を伝えていきます。※「国境なき医師団」の活動参加に関する情報はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ