日経メディカルのロゴ画像

呼吸器感染症
対症療法でコントロールできないhMPV肺炎の治療のコツは?

2014/11/14

●質問  ヒトメタニューモウイルスhMPV)の迅速検査が簡単にできるようになり、今まで原因不明だった感染症の原因がはっきりするようになりました。hMPV肺炎を生じた患者には、酸素投与、輸液、吸入などの対症療法を積極的に行い、喘息既往の患者にはステロイドも追加で投与しています。しかしそれでも、治療に難渋する症例が多いのが現状です。しかも、乳幼児は酸素投与を嫌がるので困っています。hMPV患者の入院期間を短縮できることが示されている薬剤はありますか。hMPV肺炎の治療におけるコツがあれば教えてください。(小児科)
※小児呼吸器感染症に関するFAQ一覧はこちら

連載の紹介

MedPeer症例相談
医師向けコミュニティーサイトMedPeer(メドピア)における人気コンテンツ「症例相談(Meet the Experts)」から、興味深いQ&Aをピックアップして紹介します。症例相談とは、会員医師の質問に、各分野のエキスパートが回答するもの。教科書を読んでも解決しない臨床現場での疑問に対して、経験・知識ともに豊富なエキスパートが対応します。

この記事を読んでいる人におすすめ