前回は麻疹を取り上げました。皮肉なことに、執筆直後から私の勤務する山形県で患者が急増し、アウトブレイクという状況になっています(関連記事:山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確認)。4月11日現在で57人の患者が確認されています。当院でも麻疹疑い患者受診時の対応を改めて確認したり、リスクの高いと考えられる部署から別の場所に職員を異動させたりと、様々な対応に追われました。メディアは連日のように県内の流行状況を報じ、当院で臨時に実施した全職員対象の院内感染対策研修会には定期研修会も含めた過去最高の800人を超える職員が詰めかけました。普段から院内感染対策にこれほどの高い関心を持ってもらえたらな

結核?まさかね〜 いや、でも…の画像

ログインして全文を読む