日経メディカルのロゴ画像

第2回 カテーテル関連血流感染の防止
カテ感染にはクロルヘキシジン?それともポビドンヨード?

2016/09/28
森兼 啓太(山形大学医学部附属病院感染制御部・検査部)

 カテーテル関連血流感染は、第1回でお示ししたように院内感染の上位にランクされるほど、頻繁に発生しています。年間7~8万件のカテーテル関連血流感染が米国で発生しています。この内訳については米国CDCが2011年に発行した血流感染に関する白書で報告しており、中心静脈カテーテル(中心ライン)に関連する血流感染が年間4万1000件、血液透析に使用されるカテーテルに関連する血流感染が3万7000件です1)

 血流感染は、要するに全身に菌が廻っている状態ですから、早期に診断し適切な治療を行わなければ死亡という不幸な転帰につながることもしばしばあります。幸い回復した場合でも、抗菌薬以外に全身管理などで多額の医療費を必要とします。先ほどの白書でも、1件の血流感染発生による追加医療費を6万6000ドル(約660万円)と試算しています。

 一方、日本のカテーテル関連血流感染発生に関する推計はなされていません。院内感染対策を主領域とする学会である日本環境感染学会が81施設から収集した中心ライン関連血流感染発生のデータによれば、カテーテル1000日使用当たり約2件の血流感染が発生しています。中心ライン用のカテーテルは年間130万本ほど販売されています2)。平均使用期間を10日間と仮定すると、日本では年間約2万6000件の中心ライン関連血流感染が発生していることになります。

 このように、医療費を大きく増大させ、患者予後にも大きな影響を与える中心ライン関連血流感染ですが、基本的な防止策は既に確立しています3)。注意すべき点は、

著者プロフィール

森兼啓太(山形大学医学部附属病院教授、検査部・感染制御部部長)●もりかねけいた氏。1989年東京大学卒。消化器外科医として勤務するうちに感染制御に関心を持つようになる。国立感染症研究所を経て2010年より現職。

連載の紹介

わかる!院内感染対策
針刺し切創、カテーテル関連血流感染、カテーテル関連尿路感染、周術期の手術部位感染、多剤耐性緑膿菌など、院内感染に関して知っておきたい最低限のトピックスを、日本環境感染学会教育委員会委員長を務める森兼啓太氏が紹介します。基礎からの解説なので、院内感染対策に興味がない医師や、これから院内感染を学びたいと思っている医師にもピッタリです。

この記事を読んでいる人におすすめ