日経メディカルのロゴ画像

検査後確率は0.036%、それでもスクリーニングPCRやりますか?
3都市抗体検査の示すもの

2020/06/22
森井大一(大阪大学感染制御学)

 6月16日、厚生労働省は、東京、大阪、宮城でそれぞれ実施した抗体保有率の検査結果を発表した。これによると、東京は0.1%、大阪は0.17%、そして宮城は0.03%であった。検査が行われた6月初旬の東京の累積確定感染者数は5250人程度で、これは東京都の人口1400万人の0.0375%に相当する。つまり、PCR検査によって確定した感染者の2.67倍(=0.1/0.0375)が実際の感染者であったということだ。筆者は、確定数の10倍から100倍ぐらいの潜在的感染者数を予測していたので、意外と少なかったという印象を持った。

著者プロフィール

森井大一(もりい・だいいち)●大阪大学大学院医学系研究科博士課程。2005年3月大阪大学医学部卒業、同年4月国立病院機構呉医療センター、2010年大阪大学医学部附属病院感染制御部、2011年米Emory大学Rollins School of Public Health、2013年7月厚生労働省大臣官房国際課課長補佐、2014年4月厚生労働省医政局指導課・地域医療計画課課長補佐、2015年4月公立昭和病院感染症科を経て今に至る。2018年から阪大病院の感染制御部医員も兼務。

連載の紹介

森井大一の「医療と経済と行政の交差点」
救急医として医師のキャリアをスタートさせた後、感染制御に越境し、公衆衛生を学んだ上で、厚生官僚を経験。現在はノーベル賞受賞で話題の行動経済学を医療に応用すべく研究を進める筆者に、 医療と経済と行政が交わる地点に立って思いの丈を語っていただきます。

この記事を読んでいる人におすすめ