日経メディカルのロゴ画像

TOPIC◎デルタ株からオミクロン株へ置き換わるCOVID-19
沖縄の第6波から見えてきた重症度の実際
80歳以上では中等症7割、若者にとってはインフルエンザ様

 新型コロナウイルス感染症COVID-19)の第6波に突入した沖縄県から、重症度に関する知見が発信された。沖縄県疫学統計・解析委員会が2022年1月11日に公表したCOVID-19発生動向報告によると、宮古・八重山医療圏で診断された新規陽性者714人のうち中等症Iが17人(2.4%)、中等症IIが7人(1.0%)で、年齢別では80歳以上の69.3%が中等症だった。ただし、人工呼吸管理を要する重症者は出ていない。

 報告を読むと、1月以降に、沖縄県の宮古・八重山医療圏で診断された新規陽性者 714 人を対象に重症度を確認した結果、1月10日時点で690人(96.6%)が無症候または軽症だった。また、中等症Ⅰ(息切れ、肺炎所見あり)は17 人、中等症II(酸素投与、呼吸不全あり)は7人で、人工呼吸管理が必要な重症者は皆無だった。

 年齢別に見ると、中等症Iは20~39歳が5人、40~59歳も5人、60~79歳が2人、80歳以上が5人だった(図1)。中等症IIはそれぞれの年齢層で0人、2人、1人、4人だった。80歳を境に重症度に大きな違いが表れており、80歳未満では97.9%が無症候または軽症だったが、80歳以上では中等症Iが38.5%、中等症IIが30.8%だった。今後、高齢者へ感染が拡大した場合、重症者が増加して医療がひっ迫する懸念は捨てきれない。

図1 沖縄県宮古・八重山医療圏の新規陽性者数に見る重症度の分布(沖縄県の発表から)

著者プロフィール

三和護(日経メディカル編集委員)●みわ まもる。1984年筑波大学大学院医科学修士課程修了。同年日経BP入社。感染症や循環器領域をはじめ、診断エラー学、医師患者関係、心不全緩和ケアなど幅広いテーマに取り組む。共著に『期待されるシルバービジネス』(ダイヤ財団新書)『バイオバンクの展開』(上智大学出版)。

連載の紹介

三和護が迫る「COVID-19の核心」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全体像を俯瞰。COVID-19対応の問題点に迫り、その解決のために今、何をすべきなのかを考えます。

この記事を読んでいる人におすすめ