日経メディカルのロゴ画像

フォーカス◎新型コロナウイルス変異株
コロナ変異株、性状はどこまで分かったのか

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2。出典:国立感染症研究所)

 日本でも新型コロナウイルス変異株の検出報告が増えている。2021年3月5日時点で、検疫や国内で確認された検出例は251例となり、地域的にも20都府県に広がった。監視が続く英国変異株、南アフリカ変異株、ブラジル変異株それぞれの性状はどこまで明らかになったのか──。

 まず、国内の変異株検出例の動向をおさえておきたい。2020年12月25日に第1例の報告があって以降、同月だけで20件に上った。さらに2021年1月には43件と倍増、2月には143件と増加が加速した(図1)。さらに3月に入ってからは、5日までに44件と1月の実績を超えてしまった。このままのペースで増えると3月は260件を超えてしまう勢いだ。変異株の種類別では、英国変異株が227件(90.4%)と多く、南アフリカ変異株が16件(6.4%)、ブラジル変異株は8件(3.2%)と続く。

図1 国内の変異株検出例の推移(厚生労働省の発表を基に編集部で作成)

著者プロフィール

三和護(日経メディカル編集委員)●みわ まもる。1984年筑波大学大学院医科学修士課程修了。同年日経BP入社。感染症や循環器領域をはじめ、診断エラー学、医師患者関係、心不全緩和ケアなど幅広いテーマに取り組む。共著に『期待されるシルバービジネス』(ダイヤ財団新書)『バイオバンクの展開』(上智大学出版)。

連載の紹介

三和護が迫る「COVID-19の核心」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全体像を俯瞰。COVID-19対応の問題点に迫り、その解決のために今、何をすべきなのかを考えます。

この記事を読んでいる人におすすめ