日経メディカルのロゴ画像

「品川モデル」統一プロトコールで在宅コロナ患者の重症化予防へ

 「品川モデル」が大注目されている。品川モデルとは、オンライン診療システムを活用した、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の自宅療養患者に対する診療システムを指し、品川区、品川区医師会、荏原医師会、品川区薬剤師会で導入した。東京都医師会がこのシステムをまねたシステムで、在宅療養患者をサポートする事業を行うと発表したことで、一気に注目を集めた(関連記事:都で自宅療養者向けオンライン診療が始動へ)。

 私は以前のコラム(関連記事:コロナ自宅待機者のオンライン診療、医師会一丸で始めます!)で、この品川モデルの概要を紹介したが、今回はそのメリットと、その根底に流れている我々の哲学について書きたい。

 まず、保健所の保健師の負担が大きく削減できる。今までは、患者さんごとに、診療をお願いできそうな医師を探していた。これはかなりの手間だったと思う。というのも、診療所ごとに保健所からの連絡の受け方が異なり、メールでの連絡を求める診療所もあれば、電話だったりFAXだったりもする。しかも、臨時休業中ということもある。この業務に割いていた時間がなくなることから、保健師は本来行うべき、感染者の健康観察や濃厚接触者の追跡という業務に注力できる。そうなれば、早期に有症状者を拾い上げ、受診させることもできるし、感染拡大の防止につながる仕事がちゃんとできる。

 患者にとっては、いつでも受診できる環境があるというのは安心だろう。これまでは、特に保健所の指示を素直に守っている患者では、急に具合が悪くなっても我慢していた例も少なくないだろう。またこれまでは、どこにどのように診察を依頼したらいいのかも明確になっていなかったが、このシステムを導入したことで、自宅療養が決まった時点で、オンライン診療を受けられる旨の説明を受け、必要に応じて医師の診療を受けることができる。オンライン診療なので、自宅で診療してもらえるのもメリットだ。

 診療所側からすると、なんといっても「感染リスクがない」ことが大きい。往診する場合に比べると、移動時間も節約できる。そして、ノルマ制ではなく、自分の空いた時間に診療できるので、気が楽だ。また、自院に患者がいない時間に、オンライン診療を行えば、収入にもつながる。コロナの影響で患者が減り、収入が減っている開業医にとってはうれしい話になる。

 また、導入しやすいのもよい。参加医療機関の事前準備は、ウェブカメラやマイク機能を付けたパーソナルコンピューターまたはタブレットのみ。我々が選択したMICIN(東京都千代田区)の「curon(クロン) Type-C」では申し込みから実際に使用できるまで1週間もかからない。また煩雑なキーボード操作が不要であり、PC操作に慣れている必要もない。

 運営側からすると、参加する医師数が増えて困ることはない。システム上の待合室に患者が入ると、参加医療機関のPCもしくはタブレットに通知され、その時、手の空いている医師が、その患者を自身のオンライン上の診察室に入室させてオンライン診療を行うので、医師の配置に気をつかう必要もなければ、どこかに拘束した医師から苦情を受けることもない。

 処方箋がある場合は、薬局に発行し、薬局が調剤・患者宅への配送を担当する。この部分は品川区薬剤師会にお願いしている。処方に関して当医師会では病態ごとの処方例マニュアルを作成した(表1)。これは処方を一般化することで医師による差をなくし、COVID-19診療に不慣れな医師でも専門家と同等の治療薬選択が可能にすること、かつ、各医師にコロナ治療における責任を負わせないためだ(もちろん、他地域での処方について我々は責任を追えないので、地域の実情に合わせて地域ごとに治療プロトコールを作成する参考にとどめてほしい)。

 東京品川病院呼吸器内科監修の下、咳・痰のみの場合はオンライン診療を行い、呼吸困難がある場合は往診、明らかな肺炎所見を認めた場合は病院受診。オンライン診療でも発症5日目には重症化の予防を念頭にステロイド療法を実施する。ただし、これは患者数がどれほどかによって、すなわち医療資源のひっ迫具合で柔軟に変化させることとしている。

表1 品川モデルにおけるコロナの治療プロトコール ※この治療プロトコールは品川区内の様々な連携がベースにあり、医療資源も鑑みて作成している。

著者プロフィール

三浦和裕(三浦医院院長)◎みうら かずひろ氏。2004年帝京大卒。東京警察病院、聖マリアンナ医科大などを経て、2012年より現職。2017年より品川区医師会理事。日本プライマリ・ケア連合学会認定医、日本外科学会認定登録医、がん治療認定医。

連載の紹介

三浦和裕の「地区医師会感染症担当理事のホンネ(折々グチ)」
品川区医師会理事で、感染症も担当する三浦氏。普段、医師会では感染症関連の仕事は皆無だったのが、新型コロナの流行により、区内のPCRセンターの立ち上げなどに奔走し、いつの間にか、日々更新される新たな通知などを熟読し、医師会員向けに整理し直して発信する立場に。そんな三浦氏が、行政やら日本医師会、東京都医師会、学会からの膨大な情報を通読し、自身も発熱患者の診療の最前線に立つ中で感じたこと、疑問に思うこと(時々は愚痴も)を発信します。

この記事を読んでいる人におすすめ